Narrative therapy

家族療法の技法として用いられることの多い、ナラティブ(物語)セラピー(療法)は、社会構成主義心理療法のひとつで、マイケル・ホワイト/デヴィット・エプストンが実践的に発展させてきている。
決してセラピーの対象者を上から見るのではなく、相談者である家族についても否定的にはみない、平等な立場で共に、新しい家族のストーリーを考えようとする姿勢をとります。
ストーリーを考えながら、セラピーを行っていくという流れが、家族療法として有効であり、これにSFBTを加えることもこれからの潮流として、発展していくと思います。
 

 

2015-07-02 | Posted in staffonlyComments Closed 

関連記事